マザー牧場
2007.5.5(
 混むと判っていても出かけます。今年のGWはマザー牧場。taku,ママ,パパ,パパの両親と妹家族(hide,aya,hide&ayaパパとママ)の大人6人、子供3人で出掛けました。我が家ではママ以外は行ったことが無い場所。牧場のひろ〜い原っぱにシートを広げてお弁当を食べることを夢見て出掛けました。
 朝の9時集合で出発は9時30分。ルートはアクアラインを通るコース。予想していた「海ほたる」の渋滞以外にも所々の幹線道路が渋滞。でも一番の渋滞はマザー牧場の駐車場渋滞かもしれません。相当な数の駐車場があるようですが、通過する駐車場は全て満車状態。「何処に誘導されるのだろう」と心配しながら到着。ただ入場口はあちこちにあるようです。「山の上ゲート」から入りました。聞くところによると、1日で周るのは大変だとか。実際我々もこの日は半分も周れていないと思います。

左:さっきまで歩いていたのに。中:ここが「山の上ゲート」右:満車。我々ははるか下の方に駐車。

 さて、11時過ぎに到着した我々は、早めの昼食。「みどりのひろば」と呼ばれるマザー牧場で一番高い位置にあって房総の山並みが一望できる広い草原の上の方でシートを広げて。太陽の下で食べるお弁当はおいしい!

左:只今、お弁当の用意。中:一番高い草原の上から見た景色右:右手にがバンジージャンプの塔も。

 昼食後、近くの「アグロドーム」と呼ばれる観覧場で「牧羊犬とまきばの仲間達」を見ました。舞台上でMCの簡単な挨拶の後、舞台後ろが左右に開き、大きなガラス窓を通して、牧草地や山並みを背景に牧羊犬が吠えながら羊、やぎの群れを細かく動かしたり、羊飼いのお兄さんとダチョウの追いかけっこ等のパフォーマンス。

 マザー牧場に入る前に見つけられた観覧車やサイクルモノレールにどうしても乗りたいという子供達に負け、場所移動。しばしお財布からお金が出て行く時間が。。。30分程、子供達の言いなりになった親達は、「なんとかしなければ!」と食べ物で・・・「アイス食べようか!?」で何とかその場を離れることに成功。

左:芝生を転げまわって来る。中:遊んでいる子供達を見つけるじじとばば。右:上下に動く乗り物。怖がって泣くと思ったら、「おもしろかった」と。

 アイス売り場は長蛇の列。牧場のアイスはやはり人気があるんですねぇ〜。子供達も頑張って並びました。

やっぱりソフトクリーム!美味いです。

 散歩ということで、山を下って歩くことに。最初にバンジージャンプをやっている場所で足が止まりました。塔の高さは21m。左右2箇所でやっているのですが、何やら1箇所だけなかなか飛び降りない人が、反対では女性も楽しそうに落ちているんですけど・・・。硬直状態が続き、下では我々のようなギャラリーが・・・結局、下で待つ仲間達に手で「×」を作って・・・。仲間達は笑いながら大声で「2千円も払ったのに〜」と。飛び降りなくても2千円は帰ってこないとのこと。あそこまで行って女友達も居るのに・・・と思いますが、やったことの無いパパが言うのもねぇ・・・。ちなみにママは旅行先のオーストラリアで足を縛って橋の上から落ちるバンジージャンプをやったことがあるんだって。

 その後、ハーブ園の中にある小さな神社でお参りしながら、羊の牧場、馬の牧場を進む。途中に竹馬ができる場所があって、みんな乗ってみる。takuはママに支えてもらいながら。パパは・・・。下まで降りきったところで、帰りは「山の上ゲート」側の「アグロドーム前」に戻る遊覧トラクターに乗るつもりで乗り場へ進む。しかし、途中からの乗り合いで乗れるのはわずかとのことで、仕方なく子供達とじじだけ乗って他はみんな歩いて山登り。負けず嫌いのパパは遊覧トラクターと競争。「勝った!」「直線的に登るのは辛かった」と無駄な疾走をしたパパでした。





 夕方になり、風もだいぶ強く吹き始めたので、帰ることにしました。帰りは予想通り渋滞で、帰ったらみんなグッタリのようでした。お疲れ様でした。

 まだ半分も周っていないので、また機会を作って行ってみようと思います。





[前へ]
[TOPへ]