水産の街、銚子
2005.11.4(金)
 久しぶりの遠出。naoの母方の実家へ遊びに行きました。場所は千葉県の銚子。
 朝、6時に出る予定が、、、前日仕事の帰りが遅かったshunが朝早いと知りながら深夜番組を見て、朝方寝たのが遅れの原因の1つ。眠い目をこすりながら1時間遅れの7時に出発。8時にnaoの実家に寄りnaoのお母さんを拾い再度出発。今日に限ってあちこちで渋滞や事故の情報ばかり。で、アクアラインを選択。渋滞という渋滞には巻き込まれず銚子へ。道中、山あり谷あり田んぼばかり・・・など少しずつ淋しくなく景色を見て田舎を感じてしまいました。
 11時頃現地着。平日ということもあり銚子の家にはnaoのお母さんのお姉さんと、お孫さんのお子さん生後2ヶ月弱のレオちゃんの2人でお出迎え。早速、仏壇の仏様にご挨拶。その後、生後2ヶ月弱のレオちゃんとご対面。かわいいです。目はパッチリ、鼻は高く顔立ちはハッキリ。美男です。まだ目は見えないのですが、周りに気配が無くなると自己主張なのか、声を上げます。takuはレオちゃんを見て、ちょっとハニカミ屋さんになってました。
 その後、遊びに来ることを知っているnaoの従姉と買い物で出てたレオちゃんママも揃い、ちょうどお昼ということで、みんなで食事。さすが銚子。新鮮な刺身がおいしい。またこれも地元では有名(?)なお店の鳥の唐揚げやら。う〜ん、とてもおいしくて、たくさん食べました。食事後、shunは寝ていないこともあって別室で仮眠。その間、みんなはお墓参りや散歩など。。。話は尽きないのですが、あまり遅くなるといけないので。。。たくさんのお土産を車に満載して。。。

「ほんと、ありがとうございました。」「また、遊びに行きますね。」「そして、またおいしいお刺身と唐揚げ、お土産をお願いします。」

仏様に挨拶。そしてレオちゃんとご対面。

おもてなしありがとうございます。また遊びに来ます。

 さて、帰る前に「犬吠埼」へ寄り道。残念だったのは、灯台に登れなかったこと。16時で閉まってしまうんだね。また、今度。

灯台は残念。takuは大泣きでした。

 陽も暮れかけた頃、近くにテレビで何度も紹介されたおいしい寿司屋さんがあるとのことで寄って帰ることに。驚いたのは、ネタの大きさ。中には、シャリが見えない位大きなネタとか。驚きと笑みが何処のテーブルでも見れました。また注文利きのおじさんが、注文を聞きながらネタの説明やら。帰る間際に見た店内に貼られた新聞記事を見てこのおじさんがお店の社長さんということが判明。活気あるお店でした。もちろん、ネタは新鮮でおいしかったですよ〜。

島武水産さんの巨大寿司。お客を喜ばせたいとの社長の考えでやっているそうです。

 帰りも同じルートで帰りました。往復400Kmオーバー。時間にして7時間は運転。さすがに疲れました。今回は実家に寄ることが大きな目的でしたが、やはり水産の街、銚子。ちょっと距離がありますが、また新鮮な魚を食べにまた遊びに行きますよ!


[前へ]
[TOPへ]