苗場スキー場 in 苗場プリンスホテル
2004.12.29(水)〜30(木)
 今日から1泊でスキー旅行。宿泊は苗場プリンスホテル。
 午後、出発する前にここ平塚でも雪がちらつきはじめた。いつものようにすぐ止むものと思っていたが、東名高速では「ユキ50キロ規制」との表示。横浜では雪がうっすら積もり、都内ではもっと積もっていた。ちなみに渋滞を懸念し、首都高速を使わず、環八の裏道を使うがそれでも関越自動車道に乗るまでに2時間位かかってしまった。
 高速は雪の心配もなくスムーズに走るが距離が・・・。暗くなったこともあり、ちょっと疲れめ。高速を降りると路面上は所々凍りつきはじめるが、途中大して滑ることもなくスキー場へ。結局、5時間近くかかってしまった。

 ホテルはお世辞にも広いとは言えないが、この時期に4日前に予約してとれるのだからラッキーなもかもしれない。ま、今年は暖冬で積雪が怪しいということもあるのだろうが。ま、食事はバイキングなので、お腹いっぱい食べた。後は、明日天気が良くなってくれることを祈り眠る。。。

21時前。写真では見えないですが、外は吹雪いてます。

 翌朝、昨晩からの吹雪がそのまま残り視界が悪そう。とりあえずレンタルスキーと思い出かける。takuはサイズが足りず、スキーデビューは来年となりそう。8時から滑ろうと準備し表に出るが状態は変わらず、takuが顔にあたる雪を嫌い泣き出した為、shun独りで滑る。がやはり視界悪く滑りづらい。
 10時頃晴れてきたので、チェックアウト後、3人で出てみる。時折、吹雪くがソリ遊び、雪遊びでtakuは満足。最後に、3人でリフトに乗り、shunがtakuをかかえ滑り終了。吹雪くことが無ければもっと滑っていたかった。ただ、体力もだいぶ無かったことも事実。



事件発生!
 さて、車で途中昼食でもとってのんびり帰ろうと駐車場へ。そこで事件は起きた。帰りは降り続いた雪の為、チェーンは必須。naoとtakuを車内で待たせ、借りたチェーンを取り出し装着、、、付かない。。。サイズを確認。。。ち、、、違う。。。なんとかできないものか何度かチャレンジするが、付かないものは付かない。。。(ここで大分体が冷えてきた。)
そういえば、近くにガソリンスタンドがあったのを覚えていたので、なんとかノーマルタイヤで移動。ちょっとした坂道は多少滑った。事情を話すが、ローダウンしていることで、底突きや、ブレーキホースとの干渉の可能性を指摘され、納得の上でならと。そうは言われても帰らないとダメだし。やるだけやってみようと作業を依頼。長さの調整等もあって少し待って装着完了。支払いは、チェーン代の1万弱の請求のみ。
(出光興産苗場給油所の皆さん、助かりました。ありがとうございました。)
 走り始め、何度か路肩にとまり状況を確認。底突きもないし、ホースとの干渉もなさそう。ただ、30〜40Kmと遅いスピードで走る。途中、渋滞を作ると路肩にとまりやり過ごす。こんな調子で20Km程下ってようやくチェーンをはずすことができた。ここで、着ていたスキーウェアを脱いだのだが、安心したこともあってか寒気が強まってきた。俗に言う風邪。ただ昼食もとっていないので、何処かでとりたい気持ちはあるが、陽が暮れる前にできる限り進みたい気持ちの方が強く、naoとtakuには待ってもらったが、takuはお菓子でお腹がふくれ、寝始めたので、このまま自宅近くまで走ってしまおうと眠気と寒さと闘いながら気合で走って帰った。なんとか自宅近所まで帰りつき外食後、家に帰るなり布団へ直行。

 波乱なスキーでした。今年は財政上、どうなるかわかりませんが、お金と時間があれば行きたいね。


[前へ]
[TOPへ]