避暑地那須への旅行
1999.9.23(木)〜25(
 周りが夏休みの時、仕事が忙しかった為、9月末に夏休みを頂きました。
 はじめは沖縄を考えてましたが、10日程前に予約しようとした所、既に飛行機が満席とのことでとれませんでした。よって、GW同様、急遽とれた那須へ行きました。

<出発>
 当日、曇のち雨という天気にも関わらず、晴れ。(ちなみにこの時、沖縄から九州にかけて台風とのことでした。)東北道の浦和から那須ICを目指し出発。特に初日は予定を考えていなかった為、10時前に出発。環状8号線(通称:環八)が渋滞してましたが、裏道を駆使してなんとか浦和まで。その後、高速は快走で無事到着。那須ICより5Km程の場所にあるペンション「花奈里(カナリー)」は幹線道路からほんの少し入った場所にあり、少々わかりづらかったです。

<花奈里>
 レンガ風の造り。できたばかりなのか、建物も中もきれい。部屋は9つあり、各部屋は、小さいながらテラスがある。また風呂は各部屋ごとにユニットバスがあるが、広く使いやすい。部屋自体はちょっと狭い感じもする。

 当然、露天や内湯がある。露天は1つで1日1回各部屋ごとに30分貸切可能。晴れれば星空を見ながら湯につかることができる。内湯は2つあり24時間入浴可能で、こちらは時間制限なしで貸切可能。少ないが、部屋数が少なかった為か、自分は重なることは無かった。

 食事は、朝が軽食、夜がコースディナー。どちらもおいしい。また印象的だったのは、オーナーが苦いコーヒーは駄目ということから、コーヒーは酸味と苦味の無いもの。個人的には飲み安く良かったかも。(「朝の目覚め」というブレンドコーヒーがありますが、そんな感じでした)


那須ICより約5Km

<ハイランドパーク>
 2日目は1日遊園地で遊ぶ予定になっており、朝からハイランドパークへ。予報では雨が降るような感じだったが、晴れていた。また、24日は平日であるが、この日を休むと4連休ということもあり、普段の平日よりは混んでいる様子。それでも、ほとんどのアトラクションは待ちが少なく、たまには貸切状態も。ただし、「F2」と呼ばれる”足元の無いジェットコースター”は人気があるものの1つでありかなり混んだ。さすがに並ぶだけのことはある。速度が思ったより速く・・・恐かった。(元々、ジェットコースターは嫌い。レールから外れて飛び出さないのか?とかいろいろ考えてしまう。)あと、「リバーアドベンチャー」は、激流を6名乗車の円形の船で・・・というもので、乗車付近にはレインコートが売られている。でも、周りのほとんどの人は買う様子もない。当然、買わずに乗り込むが、戻って来た時は、同じボートに乗ってた6名のうち私が一番被害にあってたようだ。そのまま街などを歩くと、おもらししたかのように見えてしまう程。降りた後、乾燥コーナーで暑い中、お尻を乾燥機に向けて・・・。(恥)

 なんとかもっていた天気も15時頃になり、とうとう雨が降りだした。ほとんど乗れたこともあり、その後は屋内でのゲームを楽しみ、閉園間際まで遊園地を堪能できた。
ただいま食事中。

<那須岳>
 3日目は那須を出発する日。前日の夜までの雨が嘘のように晴れ渡る。そのまま戻るにも時間が余るため、ちょっと山までドライブ。有料道路を経て、ロープウェイ乗り場まで。この日は風が強いため、動いていない為、上には行くことができなかったが、それでも、景色は最高。その後、那須ICを経て、東京方面へ。





<何故か相模湖>
 途中、友人宅へ寄ったため、相模湖近くの宿に着いたのは22:00近く。何故、近場か?それは、最終日に渋滞に巻き込まれたくないことや、3日も同じ宿では飽きると思っただけ。翌日は、相模湖で定番のボートや、昔懐かしい射的やゲーム等で遊んで夕方には帰宅した。

 この季節、那須もまだ若干暑かったですが、それでも風は心地よかったです。天気に恵まれ久しぶりに遊んだ!って感じでした。



[前へ]
[TOPへ]