HIDの取り付け
 あの独特の点灯の仕方。そして明るさ。以前からのあこがれのHID(キセノン)を購入し、取り付ける日がやってきました。まずHIDの選択については、ベロフのHIDを選択しました。これはボイジャーに乗られている方に取り付けを聞いたところ何も問題なく取り付けが可能と聞いた為です。というのも、ボイジャーの助手席側ライト後方は異常に狭い為、取り付けができない可能性があって、メーカーで取り付け可能な車種とされていないのです。メーカーとしては、後方5cmの空きがないと認定しないそうです。
 品は、「Spec01 HL4S−drive 4300K」です。これはLow/Hiの切り替えを電磁式で行うもので、車検にも通るそうです。また4300Kを選んだのは、HIDと言うと青白い光を思い浮かべるので6000K辺りを・・・とも思ったのですが、青いと雨が降った時に見にくくなることと、ベロフのHPにも書いてあったのですが、一番明るいのは4300Kと書いてあったので、実用性を選びました。


 とうわけで早速取り付けです。
 まずヘッドライトの取り外し、バルブを取り外し、HIDを装着します。(装着時、1個の値段を考えたら怖くて慎重にならざろうえませんでした。)
 取説ではゴムカバーをフランジ(台座と言っていいのかな)装着後、取りつけると書いてありましたが、自分はバルブ本体を装着後、ゴムカバーを取り付けました。これによりゴムカバーが延び変形しますが、万が一、外部から水で・・・という被害も無いのでは?と勝手な判断を。
 また、自分のボイジャーにはヘッドライトにシェードが無い為、付属のシェードを取り付けました。取説では、「車種によっては光の飛び散りが多くなる場合がある」とのこと。要は眩しすぎるということでしょう。


 次に、イグナイタ、インバータの取り付けです。配線図に従い固定していきます。この辺、ボイジャーは運転席側は余裕があるものの、助手席側がスペースが少ないので固定場所で少し悩みました。その後、リレーやコントロールユニットについては仮に接続後、点灯確認を行いました。

 最後にリレーやコントロールユニットの固定、及び全ての配線をまとめて完了となります。

 後で気付いたのですが、取り付け前に点灯テストなるものがあったようです。「バルブケースからバルブを開封後に点灯しないクレームに関しては受け付けられない」ような説明があったので、「点いて良かった。」と一安心。この他にもいろいろ作業前の確認があります。
ただ、取り付けに際しては独自に行っておりますので、この記事を見て作業を行われて事故が起こっても当方は一切責任を負いません。ご自分の責任において作業できない方の作業はおすすめしません。
ということだけは付け加えておきます。


装着後
やっぱり明るいです。点灯直後は青っぽいですが、少しすると若干黄色がかってきます。ただこの為、雨の日も見やすいです。また、シェードについては、ヘッドライトのレンズにカットがあるので眩しいのか何とも言えませんが、付けても十分明るいのでヨシとします。場合によっては、今後、カットを研磨することも考えてます。

車検にて
予備検にて、カットの為か下方に光が散っているようで光が2箇所出ているそうです。ただ片側が若干明るいので、そちらにあわせて車検場に持っていきラインを通したところ無事通過しました。明るい方を機械がひろってくれたようです。乗っている分には広く照らしてくれるので、見やすくていいと思いますが。

[前へ]
[TOPへ]