改正道路交通法
 6月より駐車違反の取り締まりが強化されます。今までタイヤにチョークで印をし、一定時間後にステッカー(確認標章)を取り付ける現在の方式を取りやめ、放置車両を見つけ次第、その場でデジカメ内蔵の専用端末で撮影し、違法駐車と認定しステッカーを貼るとのこと。また今まで警察官の取り締まりが、民間委託ができるようになった。当然、何か暴力沙汰になった場合、民間とはいえ公務執行妨害の罪になるそうです。

 また、ステッカー等が貼られているにもかかわらず、運転者が出頭せずそのままとなってしまうこともあり、車の所有者に放置違反金の納付を命じることができるようになりました。もし払わない場合は、次回の車検を受けることができません。

 ちょっとの間だけ!でも違法駐車になるのです。

え〜!!!
 宅配業者では、違法駐車取締り重点地域への配送については、1人での配送を2人したり、お客さんに近くまで取りに来てもらう対処まで行うとのことだが、なんと、郵便物は「郵便法」により取り締まり対象外なんだそうだ。民営化されたにも関わらず、都合の悪い部分は守られているようで、なんとも。。。
 あと、身障者用の車。例えば施設の送迎とかありますが、これも取り締まり対象なんだそうです。

法律。。。  毎度のことながら、法案の審議が甘い。国民が納得できない法案の可決が多くないかな。もっと吟味して成立させて欲しいですね。

[前へ]
[TOPへ]