おじさんが原付2種普通自動2輪免許を取るまで
 2011年11月26日から12月21日まで教習所に通い、無事合格。28日に書き換えを行いました。
日付教習日記
2011.12.28 普通自動2輪免許の書き換えに、運転免許試験場へ

当たり前ですが、卒業しただけじゃ、乗れません。

で、二俣川にある運転免許試験場へ書き換えに行きました。

持っていくものは、
・卒業証明書&申請書(申請書は、教習所で卒業時に記入されたものを頂きました。)
・免許証
・メガネ(条件付きですので)
・交付手数料(4100円)
です。

混むことを想定し、6:20に出ましたが、途中、東名高速の渋滞等で運転免許試験場付近には、7:30頃到着しました。
駐車場が今年から変わったそうで、少し遠くなりました。
それでも、試験場の無料の駐車場に停めることができました。

徒歩で試験場へ着くと、既に受け付けが始まっていました。

以下、書き換えの流れです。
1.窓口で県証紙(2,000円+2,100円)を購入して、2,000円の証紙を申請書に貼り付ける。
 (2,100円の証紙は交付手数料として、免許を受け取る別の書類に貼る為、大切にとっておく。)
2.学科&実地免除の窓口へ行き、申請書を提出し、適正検査(視力検査)を受ける。
3.4ケタの暗証番号2つを登録する。(専用の端末にて)
※ 適正検査後、指定時間に別の階の窓口に来るよう指示される。2時間近く待つ。
4.指定されて窓口にて申請書を返され、写真撮影。
5.写真撮影後、受け取り用の書類を渡され、とっておいた証紙2,100円を貼り、免許受け渡し窓口前で待つ。
6.新しい免許が交付される。

私は、普通自動車の免許を持っていて、かつ教習所にて普通自動2輪の教習課程を無事卒業しており、
学科試験と実地試験は免除です。
また、適正検査は視力検査だけでした。
大型を持っているので、深視力検査もやるかと思ったのですが。。。
適正検査後に書類を提出すると、写真撮影まで、長い待ち時間です。
でも、ここは焦らず、苛立たず、大人しく待ちます。
写真撮影は・・・「あっ」という間もなく終わります。


そして無事、免許を受け取りました。
ちゃんと、「普二」が・・・免許に付いてます。

そして、驚いたことに、帯の色が、ブルーからゴールドに!(うれしい!!)
2011.12.21 卒業検定

こうなったらもう、勢いです!

予定は、13:30から講習室で説明。14:00から試験開始。
とのことで、少し前に入って、落ち着こうかと思ったのですが、
毎度のこと、仕事が押して、開始ギリギリに入室。

本日、卒検を受ける人は、自分を含め3人。
先日「みきわめ」前に「シミュレーター」でご一緒した方もいらっしゃいました。

で、早速コース1か2の発表。。。コース2でした。

そして、走行順が発表。。。
もし、予約順なら2番目のはず。(予約の受け付け簿に1人名前が書いてあったから。)
なんて思ってたら、なんと、、一番最初です。
これって、入室ギリギリの罰???

その後、コースのおさらい、減点や中止になる行為の確認等。

で、指導員いわく、
「いつも以上の力を出そうとするとミスをする」
「いつも通りに走れば」と。

いや、わかっていますけどね。

で、14時になり、外へ移動し、準備。
次第に、胸の鼓動が高まります。
何度か、乗り方の確認。

すると、向こう側に普通車の教習指導待ちの指導員。
よく見ると、2輪の教習でお世話になった指導員の方でした。
「落ち着いて、頑張れよ!」と声をかけていただき、うれしかったです。

で・・・
やってきました。

乗車前に、名前と生年月日を告げると、試験開始。
グリップを握り、前方、後方確認し、乗車。。。

「あ・・・」

いきなりやっちゃいました。
サイドスタンド立ったままです。
降りて、サイドスタンドをはらい、再度前後方確認し乗車し右足をブレーキへ。
もう、ここからは不用意にバランスを崩し、右足を地面につくことはできません。
(この後のギヤを1速に入れるのはいいんですけどね。)

心の中で落ち着け!と言いながら、順番に操作、
ミラー確認、キーをON、クラッチ握ってエンジンスタート。
右後方確認し、右足をつき、左足でギヤを1速へ入れ、
左足をつき、右足をブレーキへ。
そして、右ウィンカーを出し、左右そして左右後方確認し、いよいよスタート!

最初に外周1周、時速40キロをクリアし1周後、バランスコースへ。
クランク→スラローム→S字→踏切→一本橋と通過します。
・クランクとS字は、いつものように、多少フラついてしまいました。
・スラロームは、ちょっと苦手だったんですが、思ったよりもスムーズに。
・踏切で停止時、右側に倒れそうになりましたが、ここはバランスとって回避!
(次の一本橋のタイム計測の為、試験官は見ていなかったようですが。)
・一本橋は余裕で自信あったのですが、最後にちょっとフラつき少し焦りました。

この後、急制動、障害物、坂道が待ってます。
・急制動は、キッチリ40キロ出して、キッチリ止まり問題なく。
・障害物もきちんと確認し走行。しかし、戻った際、ウィンカーを戻し忘れ。
 すぐ、その先の交差点の先を左に曲がるので、そのまま入りました。
・一時停止後、左側から来る車を見て、何を思ったか停止状態。試験官から言われて発進。
・坂道へ入る道でも少々フラつき。相変わらず、低速のカーブは苦手。
・コース最後の坂道は、ほんの少し下がり、焦っていつも以上にアクセルを開けちゃいましたが、無事通過。

そして、発着場へつき、
右後方確認、ギヤをニュートラルに入れ、キーOFF、
再度確認し、降車しサイドスタンドを立て、終了。
乗車時間は時間にして、10分弱。

コースですが、他の教習車もありますが、自分が乗ってた時は、意外とクリアな状態。
信号も赤信号で停止しましたが、それが逆に確認できる時間になって良かったです。

また、3人中一番最初ってことでしたが、かえって、開き直って良かったのかもしれません。
とにかく、「途中で試験中止にならず良かった!」と思いながら、講習室へ戻りました。

他2人を待ち、戻って来た2人としばしお話。
しばらく、待つと、試験官がやってきました。
何も言わず、さっき説明時に使ったOHPの機械を片づけをはじめ・・・
「結果は???・・・結果!!!」
と心の中で叫び、焦りながら待ってると、、、

何やら、A4サイズの用紙を持って、こちらに。。。
コースの図に何やら書いてある。試験時の内容が書かれた用紙らしい。
で、指摘された箇所は、
一時停止後、試験官に言われて発進した箇所。
「なんで、停止した後、発進しなかったの?」と。
発進不能をとられたのでしょうか。
あと、1か所書いてあったような気がしましたが、言われたのは1か所でした。
で、100点満点で90点。(70点以上が合格点)

合格でございま〜す。

結局、今回試験を受けた3人とも合格。

その後は、アンケートや、事故は怖いよ!というビデオを見て、
試験場で手続きを行う書類と卒業証書を頂きました。


「お世話になりました!」と言うと、
「大型とるんでしょ?」「待ってるから!」と言われました。

期間にして1カ月間。
時間をオーバーせず、試験も落ちずなんとか無事合格、卒業できて良かったです。

大型2輪は・・・
機会あったらね。
2011.12.20 技能教習2段階8時限目「みきわめ」

今日、パスしないと、卒検には行けません。
少々、緊張しながら学校へ。。。

ウォーミングアップコースはまわらず、いきなり、コース1、2を廻るとのこと。
緊張しながら、走り始めました。

途中、停止時にローギヤに入れ忘れたこともありました。
そこは慎重に、右後方確認をし、ギアを入れ直しました。

ミスと言えばその位。
なんとかクリアしました。
指導員も、「大丈夫ですね。」と。

その後は、波状コースと言って凸凹した道を座った状態と、立った状態で走行し、 余った時間は自由走行となり、コースを1度ずつ走行。

結果・・・みきわめOKとなりました。

で、早速、明日。卒検を予約しました。
2011.12.17 技能教習2段階7時限目「危険予測」+学科

2段階のみきわめ前にある「危険予測」のシミュレーターと、唯一ある「学科」のセットです。

7時限目「危険予測」のシミュレーター。
ここでの課題は、「危険予測」
前方を歩いてる歩行者が道路を横切ったり、
前方に停車中のバスを追い越そうとすると、バスの陰から人が出てきたり、
脇道から車が飛び出してきたり、
いろんな危険が潜んでます。
シミュレーターを通して、体験です。

余った時間に、いっしょに参加された方と雑談。
「何番のバイクは、ギアが入りにくい」とか・・・。

学科では、2人乗りに関するビデオ講習で、後ろに人を乗せた時の動きなど。

最後に、今回いっしょに受けた方とは、
次の「みきわめ」がOKなら、同じ日に卒検になる予定なので、
再会を誓って分かれました。

次回は来週の火曜。
こわーーーい「みきわめ」です。
2011.12.16 技能教習2段階6時限目「MT車」

いつもの通り、ウォーミングアップ走行後、コース1を走行。
徐行して曲がる際、超低速での走行がギクシャクし、大廻りになってしまったり、
優先しなければいけない箇所を、先に行ってしまったり、
一本橋走行前に確認すべき点が足りなかったり、
失敗が多かったです。

その後、今日の課題・・・項目名は忘れましたが、、、
・とっさの判断力。
コース上を一時的に占有し、小さなパイロンで3コースにわけ、30キロで走行してきて、 その先にいる指導員の旗を観て、判断して、右か左か真ん中か動く課題。

目でしっかり見て、すぐ判断しないとダメですよ。って。瞬間的な判断を要求されます。
もし、見落としていたら、30キロでもあっという間に進み、大事故になりますよ!って。

・追い越される、追い越す。
追い越される方は、道を譲りましょう。追い越す方は無理な追い越しはダメですよ。って。

最後に、コース2を走行。
コース1で言われた事を思い出しながら、走行。
そしたら、途中でコースを忘れ・・・でも、なんとか間違うことなくいけました。

操作ばかり気にすると、コースを忘れ、
コースばかり考えると、操作を忘れ。。。

あ〜、もう卒検まで時間ないんですけど!!

次回・・・明日なんですが、シミューレータ&1時間の学科。
その次、火曜日は、2段階の「みきわめ」です。
2011.12.15 技能教習2段階3、4時限目「MT車」5時限目「ケーススタディ」

今日は連続2時間乗って、最後に「ケーススタディ」のシミュレーターです。

3時限目「MT車」
最初に原付バイクに乗りました。どの位の速度でカーブを曲がれるのか?
競技ではないので、倒さずに曲がれる速度です。
ちゃんとスピードを落として曲がりましょう!ってことです。

その後、バイクに乗りましたが、低速でのバランスやアクセルワークを指摘されました。
ほんと、バイクによって特性が違うので、難しいです。

4時限目「MT車」
最初に急制動。
40キロからの急制動を3度。
3度目は、いつも決まってる停止場所が変更されての急制動。
この辺は、問題なくクリアです。

その後、単独でコース1、2を繰り返し走行。
途中、コース2のバランスのS字と一本橋を通過しちゃいました。
指導員のせいでは無いですが、周ってる途中、指導員から質問があって、その回答後にコースが頭から抜けちゃったんですよね。

他、操作方法や停止箇所等で指摘されながら、周ってるとコース1、2がどっちだかわかんなくなっちゃいます。
でも、何度か周れて良かったです。

5時限目「ケーススタディ」
シミュレータです。
交差点での他の車やバイクの動きについて。
「サンキュー事故」等
交差点で右折時、対向車が譲ってくれ、曲がった際に、対向車横からすり抜けで走ってきた車両と衝突する事故。

いろんなケースをシミュレーターで体験しました。

終了後、指導員からのアドバイス。
「自分でコースを書くのも覚えるのにいいよ。」と。
今、通ってる教習所では2コースあり、コース順路が書かれた紙をもらえるんです。
でも、他の教習所では、順路が無い道路図だけ渡され、教習所に掲示されてる順路を自分で書くそうです。

あとは、やはり他の人のやってるのを見た方がいいと。
時間あれば、いきたいんですけどねぇ〜。
仕事の合間じゃ。。。

あと残すところ3時限。。。
明日も1時間乗りま〜す。
2011.12.14 技能教習2段階2時限目「MT車」

2段階目の実車、初乗りです。
ま、操作方法が変わるわけではありませんけど、
技能教習も折り返し!って感じで妙な緊張感。

2段階は、コースを覚え、1段階での操作方法をきちんと行うことが目的。
もちろん、最終的な卒業検定の為ですが。。。

で、コースは所々忘れた箇所もありましたが、たまたま他の教習生の後に付いたりで、 なんとか周れました。
ただ、1段階とは違い、要所要所細かい指摘はありました。
「この交差点では、一時停止後、この辺まで出て待ってね」とか。
操作とコース。。。
覚えられるか、心配です。
2011.12.13 技能教習2段階1時限目「シミュレーター」

2段階突入です。
と言っても、1時限目は「シミュレーター」です。
街中を走行するシミュレーションで、音声に従い走行します。

前回のシミュレーターでは2人でしたが、今回は私1人。
何を言われるか少々緊張気味。

で、いきなり右折するところを通り過ぎてしまいました。
実車と違うのでブレーキ感覚が掴めません。

なんとか、コースに復帰し、続行!
一時停止や、交差点等。。。
最後に、駐車場へ入る際、一時停止しなかったのは失敗ですが、
他、問題なくクリアーしました。

指導員からは、結構、一時停止しなかったり、逆走したりする人が多いとのことでした。

また、走行した様子を再生し、コースに出てくる標識に関して質問されたりしましたが、
意外と覚えていて、受け答えできました。

驚かれたのは、原付の2段階右折の標識で、
「ここ平塚では見ませんが、2段階右折禁止は、隣の厚木インター近くにありますね。」
と言うと、
「よく見てますね。」と。

おかげさまで、問題なくクリア。(って、ここでは落ちる人はいないようですが。)

次回、、、
明日は、実車です。
2011.12.9 技能教習1段階8時限目「AT車」9時限目「みきわめ」

本日、「AT教習」と「みきわめ」です。

8時限目「AT教習」では、AT車の特性を学びます。
400ccのビックスクーター。大きいです。
で、もって、教習所でMTで慣れてるせいか、ATが扱いづらく思います。
特に、低速でのボディバランスが。
ただでさえ、MTで難儀してるのに。。。
ニーグリップが出来ないので、余計に。
というか、ATに乗って改めて、ニーグリップの必要差を感じました。

9時限目「みきわめ」
あっという間の1段階で、これでいいのだろうか???と思いながら。。。

試験では無いので、ミスしても大丈夫。
と言ってるそばで、右足ついちゃたり、方向指示器を戻し忘れたり。。。いろいろ。。。

でも、みきわめはOKを頂き、次回から2段階へ進むことに。

そうそう、最近、車の運転でも、出発する際、左右後方確認をワザとやってます。
2011.12.8 技能教習1段階7時限目「MT車」

行ってきました。
今回は、みきわめの際にまわるコースを。

昨日の空き時間に、コースを下見し、覚えたつもりですが、 実際乗ると、操作に気がいってしまい、忘れてしまいます。

何度か、間違えました。

それでも、なんとかコースをまわれるようになりました。

あとは、操作ミスしないように。。。

で、残すところ、「AT教習」と「みきわめ」の2時限で、1段階が終わりです。
「みきわめ」と言うと、試験的な気がしてならないのですが、
指導員は、「そんなに構える必要は無い」と。
「1時限の中で、始めは失敗しても、後で挽回すれば、大丈夫。」
「卒業検定だったら、失敗した時点で即アウトだから。」と。

でもねぇ・・・

で・・・

いきおいでやってしまおうと、
明日、2つともと予約しちゃいました。

オーバーせずに1段階を終わりたいです。
2011.12.7 技能教習1段階5時限目「MT車」6時限目「シミュレーター」

腰痛・・・少々痛いですが、
完全に治るのを待っていたら、乗り方忘れちゃうんで。

で、6時限目になる「シミュレーター」ってやつが、なかなか無いので、今日にしました。 必然的に、その前の「MT車」は、シミュレーター前に受けないとダメなので、 頑張って乗りました。

ま、頑張るって程、痛いわけでもなく。
まだ、違和感があって・・・ちょっと鈍さがあると言うか・・・ 表現が難しいです。

5時限目「MT車」
前回からバランスが課題ですが、やはりバランスは難しいです。
アクセルとクラッチワークもなんですけど。
これは、ほんと乗って慣れないと難しいです。

で、今回は、ひとり練習する時間があったので、
とにかく、ひたすら乗りました。

で、今日の課題は・・・なんとかクリア。(ハンコもらえました。)
指導員から、まだバランスが怪しいところがあるけど。と言われましたが。。。

あ、あと、坂道発進もやりました。
車と違いますから、やはり、何度かエンストしました。
後ろにも少し下がりましたし。

6時限目「シミュレーター」
フルブレーキや滑りやすい等、バイクの特性を知り、
そして、最後の方で、想定したシミュレーターに乗って体験。
本当に体験したら確実にケガしますからね。

次回は、1段階のみきわめで走るコースを走ることに。
コースを覚えないと。。。
2011.12.2 技能教習1段階3、4時限目「MT車」

予報では雨ですが、この日も雨に降られることなく。
今日の課題は、バランス

ただ、風邪のせいか、いまいち。。。
緊張もあって、うまく乗れませんでした。

で、教習が連続。
うまく乗れない時って、連続で乗っちゃダメですね。
コースを覚えつつ、操作も覚えないといけないしね。
原付で乗ってた操作。例えば、レバーの握り方とか。。。

でも、「次の時間、乗りません!」
じゃキャンセル料かかっちゃうから、頑張って乗ったけど。。。

いまいちですね。
最後の最後でバイク倒しちゃうし。。。

その時、腰、やっちゃうし。

今日はいいとこ無し。
次!挽回!!!
2011.12.1 技能教習1段階2時限目「MT車」

朝から雨が降り、午後の教習もどうなるか不安でしたが、
なんとか雨に降られることなく受けれました。

今日は、急制動や、一本橋、八の字走行、スラローム。
一本橋も8秒以上をクリアし、特に問題なし。
どうしても気になるのは、流れですね。
「ここでは方向指示器を出して待つ」とか、決められた場所でのきまりみたいなもの。
それを覚えて、実践しないと、試験の時に不合格になっちゃいます。

で、本当は2時間の予定だったのですが、ある事情で1時間に。
明日、2時間乗ります!
2011.11.29 技能教習1段階1時限目「MT車」

初めての自動2輪の実技教習です。

開始前、余裕を持って臨む予定でしたが、仕事が押して開始10分前に到着。
慌てて配車手続きを。。。 ま、最初ということもあって、乗る前の流れを説明。
そして無線や肘、膝のパット、ゼッケンの装着等。

その後、実際のバイクの操作方法、乗り方を・・・

乗り方は基本で、これが出来ないと試験で減点になるようなので、しっかり覚える必要があります。

<乗り方>
・前後の確認。右手で前ブレーキ握りながらバイクを立てる。
・サイドスタンドを払い、再度前後確認行いバイクにまたがる。
・またがった際、右足はステップへ&後ブレーキ。そして、ミラーを合わせる。
・左手でクラッチ握ったまま、メインキーを回してニュートラに入っている事確認してエンジンスタート。
・前ブレーキ掛けながら右足をついて左足でギヤを1速に入れる。
・左足をついて、右足をステップへ。
・ミラーと目視で前後左右確認してスタートする。

・停止する際は、前後ブレーキをゆっくりかけ、クラッチは、素早く切り、左足をついて停止。

そして、実際のコースを走りました。

走行中、どうしても左足がギアをアップする姿勢のままに。
本当は、いつでもダウンできるようにしておかなければならない。

これは、何度もやって、体に覚えこませなければならない。

あとはクラッチの操作。
超低速での走行がなれず、フラフラしてしまう。

教官も言ってたが、覚えるために、あまり感覚をあけず乗るようにしようと思う。
というわけで、次回は明後日の午後。連続2時間で予約。
2011.11.26 入校手続きと適正テスト

 夕方、仕事を抜け出し、自宅に近い「湘南平塚モータースクール」へ入校手続き。その際、ハプニングがあり、取得免許を急きょ変更。
手続き途中、バイクを起こせるかの確認。実際横倒しのバイクを起こすのですが、自分を見て、「大丈夫だと思うけど」と。だから、「見かけで判断しちゃダメですよ」と言ってやりました。。。実際は無事に。。。

その後、入校説明会、そして適正テストなるものを受けました。
適正検査は、時間が決まっていて、どれも最後までできず、なんだか嫌な終わり方。ま、全部できなくてもいいんですけどね。

そうそう、当初取ろうと思ってた原付2種は、取る人が少なく、だから、教習時間も少ないそうです。今日、入校した人も、原付2種は誰もいませんでした。
入校手続きに40分くらい、入校説明と適正テスト80分位でした。

さ、頑張って乗るぞ!

[前へ]
[TOPへ]